【武将列伝】上杉謙信

家督相続まで

 

越後の龍とも言われた上杉謙信は1530年、長尾為景の4男として越後の国に生まれる。

長尾為景は越後守護・上杉家に仕えていつつも長尾家の当主であった。

 

為景が死ぬと病弱の嫡男、晴景が当主となる。

 

しかしこれだと家臣がまとまらなかった。

 

そこで、無理やり長尾政景に説得されて長尾家の当主となった。

この時、上杉謙信(当時、長尾景虎)は越後の寺にいたという。

 

当主となった時、家臣をまとめるために家臣全員に忠誠を誓う文書を書かせたという。

 

景虎が当主になる際には晴景を擁立する武将と景虎を擁立する武将に分かれたという。

 

上杉景信や中条藤資などの武将が景虎派。

 

これにより、19歳の若さで家督を相続する。

 

スポンサードリンク

 

【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

 

越後の国の内乱

 

1550年に上杉家の上杉定実が後継者を持たずに死去したため、長尾景虎は越後の国の当主として認められる。

 

ここに反発したのが長尾政景だ。

 

1551年8月、政景の坂戸城を包囲して降伏させ、越後統一を果たした。

 

関東管領・上杉憲政

 

1552年1月になると、関東管領の上杉憲政は北条氏康に攻め立てられ、景虎のもとに逃げてくる。

 

景虎は上杉憲政を迎えて上杉館に住ませる。

 

憲政を迎え入れたことにより、北条氏康と敵対関係になった。

 

北条氏康は相模の強豪である。

 

同年8月には北条家の侵略を撃退に成功している。沼田城で撃退。

 

これは武力が大したことのない北条幻庵が相手の総大将だったからかもしれない。

スポンサードリンク

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

川中島の戦い

 

最初の川中島の戦いは1553年4月の事だった。

村上義清が助けを求めてきたため、景虎自ら出陣して武田軍の先鋒を撃破した。

 

続けて青柳城を攻略し、武田家の領地の奥深くまで侵入する。

 

しかし信玄は決戦を避けたため、景虎も撤退した。

(これが1回目)

 

1554年5月、上杉家臣の北条高広が武田家と手を組んで謀反を起こすが、景虎は落ち着いて対応した。

北条城を取り囲んで降伏させ、帰参させた。

 

1555年4月、再び信玄とにらみ合う。

犀川を挟んでにらみ合った。

 

景虎は犀川を渡ろうとしてプレッシャーをかけたが、最終的には決着はつかずじまいだった。

 

武田信玄側から今川義元の仲介で和睦を願い出て和睦した。

 

1557年2月、信玄は和睦に反して高梨政頼の居城、飯山城を攻撃した。

 

景虎は反撃して山田城、福島城を攻め落とした。

 

信玄も謙信の強さを身に染みているので深志城からは前に出なかったという。

 

 

1561年8月、ついに武田軍との大決戦になった。

山本勘助のきつつきの戦法を見破った上杉軍(見破ったのは宇佐美定満)は武田軍に勝利した。

この時、山本勘助、武田信繁などの武将を討ち取り、優勢になった。

スポンサードリンク

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

小田原城攻撃

 

甲斐、駿河、相模の三国同盟が今川の脱退により崩れた瞬間を狙って景虎は相模に攻め込む。

 

1560年2月には鎌倉を落とした。

 

1561年3月、ついに小田原城に攻め込む。

 

10万人の大軍で小田原城の蓮池門に突っ込むなどの攻撃を仕掛けたが、あと一歩落城には届かなかった。

 

ここで落城していたら歴史は大きく変わっていたかもしれない。

 

なぜ落城しなかったかというと、武田による牽制だ。

 

海津城を築城し、拠点にするぞと脅したのである。

 

関東管領就任

 

1561年3月、長尾景虎は上杉憲政の頼みもあって関東管領職に就任した。

 

ここで上杉の姓も与えられ、世にいう上杉謙信という名になったのである。

 

上杉憲政は最初は佐竹義昭に関東管領職についてもらうつもりだったらしい。

 

ただ佐竹義昭がこれを断った為、上杉謙信のところに話が持ち掛けられたのである。

スポンサードリンク

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

 

上杉謙信の最期

 

上杉謙信は上洛の途中で病死してしまった。

便所で倒れていたという。

 

大名が便所で倒れていたら家臣もびっくりするだろうなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【武将列伝】武田信玄(たけだしんげん)

川中島の戦いで有名な武田信玄は1521年12月1日、甲斐の国の躑躅ヶ崎館で生まれる。

 

甲斐の虎ともいわれた武田信虎の嫡男として生まれる。

 

武田信虎は戦ばかりしており、戦は強いのだが政治力、統制力に欠けていたといわれる。

それ故領民などからは嫌われていたという。

 

そんな甲斐の国を立て直したのが武田信玄。

 

武田信虎の時代には甲斐の国を統一するのが目標といった感じで乱戦状態だったが、1520年頃には甲斐統一を成し遂げていた。

その約1年後に武田晴信という名で誕生した。

 

スポンサードリンク

 

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

 

実は長男ではない!?
実は武田信玄には竹松という兄がいるのだが、原因不明の病気により7歳で急死したため、事実上武田晴信が長男となる。

1525年には弟の武田信繁も生まれた。

後にこの武田信繁は信玄の命を救うこととなる。

 

今川家との和睦成立

 

そしてこの頃、駿河にいる今川家との和睦が成立した。

駿河今川氏とはずっと争っていた関係にあった。

福島正成率いる軍勢などが度々押し寄せてきたという。

その度に武力自慢の武田信虎は撃退していた。

 

諏訪家との戦い

 

1542年6月に晴信は諏訪家領土に侵攻する。

諏訪家側から和睦を申し入れる結末となり、諏訪頼重を甲斐の国に連行して自害させる。

これで事実上、諏訪領を制圧したことになる。

 

スポンサードリンク

 

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

 

村上義清との激突

 

1548年2月、晴信は村上義清が守る葛尾城に攻撃を仕掛けることを試みる。

結局、上田原で激突する。

上田原の合戦で武田軍は敗れており、甘利虎泰、板垣信方などの武将を失っている。

晴信も傷を負っている。

そのさなか・・・

 

小笠原長時、攻めてくる

これを機会に小笠原長時が進行してくる。

しかし、ここは信玄以外の強力騎馬軍団(馬場信房、飯富虎昌など)で撃退した。

ここで小笠原家は大きく衰退した。

 

スポンサードリンク

 

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

 

真田幸隆、ここにあり

上田原の戦いでは大敗した武田軍だが、真田幸隆の計略により砥石城を落城させると、段々と勢力関係を優勢にしていく。

そして村上義清は1553年4月、葛尾城を捨てて越後の長尾景虎(後の上杉謙信)の元へ逃れることを余儀なくされた。

しかし、村上義清は上杉家臣となり活躍するのである。

 

川中島の戦い、幕を開ける

1553年になると上杉謙信は信濃の国に侵攻をする。

上杉の騎馬隊は強烈で、武田軍の先鋒部隊を八幡にて攻撃され、破滅する。

 

武田軍が甚大な被害を受けたのは第四次川中島の合戦。

武田軍の副将を務めていた武田信繁(信玄の弟)は殿となって討ち死に、軍師の山本勘助も戦死となった。

その他3名ほど討ち死にしている。

 

スポンサードリンク

 

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

 

西上野へ侵攻

 

川中島の戦いと同時に箕輪城を攻撃した。

しかし、上杉家臣の長野業正の活躍が光り、落城までには至らなかった。

武田信玄は「業正がいる限り上野には手を出せぬ」といったという。

しかし1561年に業正が病死すると、息子の業盛に代わった。

そこで信玄は再び箕輪城を攻撃すると、今度はたやすく落とせたという。

業正の時の教訓を家臣に何度も伝えたという。

城の特徴から攻め方からすべて。

 

長男武田義信、謀反!一大事!

なんと長男の武田義信が謀反を起こしてしまうのだが、いったいなぜ起こしてしまったのか?

どうやら、今川氏真の妹が武田義信に嫁いでおり、桶狭間の戦いと徳川家康独立の動揺に付け込んで信玄が今川領に侵攻しようとしたため

義信が怒ったという。

そしてじいの飯富虎昌と共謀して謀反を起こしたというが、飯富虎昌の弟、昌景が信玄にチクったため、バレて飯富虎昌は処刑され、幽閉されていた武田義信も自害した。

こうして武田家は二人も主力武将を失ったのである。

 

スポンサードリンク

 

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

 

織田徳川軍に圧勝!実力見せつけた武田軍 三方ヶ原の戦い

1571年12月22日、三方ヶ原にて織田徳川連合軍を自慢の武田の騎馬隊で撃破した。

織田軍が主力ではなかったことが理由の一つでもある。

当時織田信長は石山本願寺の一向門宗徒などと戦をしていたため、武田対策としては佐久間信盛程度の武力の武将しか援軍に出せなかったことが一つの織田徳川連合軍の敗因と言える。

おそらく柴田勝家あたりを援軍に出していたら戦は分からなかったと個人的には思う。

 

飯富昌景や秋山信友の活躍が光った。

徳川方の城を1日で落としたこともあった。

 

信玄の最期

三方ヶ原の戦い後半の頃から信玄は度々吐血を繰り返していたことなどから病気が悪化していたことが伺える。

最後の遺言として、「自身の死を3年間は隠し通し、まずは領土を固め内政をきちんと行う事」とある。

しかし、勝頼はそれを破ってどんどん戦を仕掛けていったため、後に武田家は衰退してしまうこととなる。

 

スポンサードリンク

 

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

 

【武将列伝】織田信長(おだのぶなが)

織田信長は1534年5月に尾張国の戦国大名、織田信秀の子として生まれる。

生まれた城については勝幡城とされているが、定かではない。

幼少期

信長は幼少期、馬鹿げた行動が多く、「大うつけ」と呼ばれていた。

尾張国の農民などからもこれからの尾張について不安の声が上がっていた。

 

信長は、元服する前から信秀から那古野城を譲られる。

同時に城主となった。

信長元服

1546年に古渡城で元服する。

この時、信長13歳(数え年)。名前は三郎信長としていた。

家督継承問題

ただ信長の前には大きな壁があった。

家督継承問題である。

 

敵の織田信行側の武将と戦って勝利すると、しばらく清須方との戦いが続く。

 

1553年、信長のじいである平手政秀が自害すると、信長はひどく悲しんだという。

この頃、同時に信長は正徳寺の会見を斎藤道三と行った。

斎藤道三は大うつけと呼ばれていた信長の器を見抜いていたらしい。

スポンサードリンク

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

斎藤道三、死す

しかし、1556年4月、斎藤道三が子、斎藤義龍との戦いで敗死してしまうのである。

この時、織田信長陣は木曽川を越えるところまで出陣するが、斎藤義龍軍の勢いに押されたという。

斎藤義龍本隊と日根野弘就隊が勢いがあったと思われるが、ここについては定かではない。

 

桶狭間の戦い

 

東海の巨人、今川義元が尾張国まで侵攻する。

今川軍は4万人の大軍であった。

それに対して織田軍は数千人程度だった。

ここで織田信長が威力を発揮する。

信長は奇襲策を選択し、酒を飲んで休憩中だった今川の本陣に対して襲い掛かる。

毛利新介は今川義元に指をちぎられたが、助太刀に入った服部小平太が最後は今川義元を仕留めた。

斎藤家との関係の悪化

 

斎藤義龍が1561年に何らかの病気で急死すると、子の龍興が大名となる。

龍興は非常に能力が低く、織田信長が美濃国に出兵して勝利してしまうのである。

稲葉山城を攻略する。

その後、稲葉山城を岐阜城と改名する。

道三の時とは打って変わり、斎藤家との関係は非常に険悪なものとなってしまうのである。

 

足利義輝暗殺される

 

その頃、京では非常に不穏な動きがあった。

三好義継、三好長逸、松永久通が協力して14代将軍の足利義輝を暗殺してしまう。

足利義輝は剣豪だったため必死に対抗はしたが暗殺されてしまった。

意表を突かれると人間どうしようもないものである。

足利義昭は松永久秀に保護されており、無事だった。

 

浅井家との同盟

 

斎藤家を牽制するために浅井家と同盟を結ぶ。

その際にお市の方を嫁がせている。

のちにお市の方は浅井三姉妹を産む。

スポンサードリンク

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

足利義昭、諸大名に協力を求める

 

足利義昭は奈良を脱出すると、諸大名に上洛への協力を求めた。

これを受けて信長も当時足利家臣の細川藤孝に上洛に協力するという内容の手紙を送った。

これを受けて足利義昭は織田信長と美濃斎藤家との合戦を停戦させることに成功した。

 

ところが、どうしても邪魔者だったのか、信長は美濃斎藤家との戦いを再開してしまう。

信長は河野島の戦いで大敗を喫してしまう。

屈辱を味わった信長は、義昭の上洛を目指すとともに、齋藤家の脅威を消滅させなければならないという大きな課題が残る結果となった。

天下布武

また、この頃、信長は「天下布武」の朱印を使い始めた。

天下布武という目標が現実味を帯びてきたと考えたのだろう。

 

足利義昭、朝倉義景のもとに身を寄せる

 

三好の連中から襲撃される危険を避けるため、京から朝倉義景のもとに身を寄せていた。

しかし、朝倉家は本願寺家と対抗しており、上洛という状況ではなかった。

そのため、足利義昭の行き場所が難しい状況であり、室町幕府は崩壊の危機にさらされていた。

 

スポンサードリンク

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

伊勢国司、北畠具教との戦い

 

続いて伊勢攻略を考えた。

北畠家は南北朝時代以来の国司である。

織田信雄を養子として送り込み、織田信雄に北畠具教を暗殺させた。

これで北畠具教討伐プロジェクトは終わった。

同時に伊勢を手中に収めた。

 

朝倉、浅井、本願寺・・・絶えぬ反織田勢力

1570ねん4月、朝倉義景を討伐するため、越前に進軍する。

織田軍は朝倉の城を攻略していくが、決めきれない。

ここで事件が起こる。

浅井長政が謀反を起こし、織田軍に攻撃してきたのである。

織田軍は挟み撃ちにされて大ピンチ!

しかしここは明智光秀と猿(木下秀吉)の殿(しんがり)活躍が光り、京に無事たどり着いた。

スポンサードリンク

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

立て直して浅井家討伐へ

1570年6月、信長は浅井長政を討伐するために姉川で徳川軍&織田軍対朝倉軍&浅井軍で勝負。

浅井方の横山城を攻略し、徳川&織田軍の勝利。

同じく8月に三好三人衆が挙兵したため、これを攻撃しに出陣するが、本願寺家が信長に対して挙兵したのである。

さらに浅井&朝倉軍3万が近江に到着。

極めて劣勢の中で戦を行い、森可成と織田信治が戦死する被害を受けた。

足利義昭との対立の予感

1569年1月14日、信長は足利義昭の将軍としての威力を牽制するため、殿中御掟9か条を発令し、義昭に承諾させた。

ただこの段階ではまだ関係はそこまで悪くはなかった。

お互いがお互いを認め合って利用することを考えようというのが両者の考えであった。

比叡山延暦寺焼き討ち 浅井朝倉連合軍に勝利

1571年には比叡山を焼き討ちにして宗徒3000人もの首を斬ったという。

なんとも残虐な信長であるが、このまま勢いは止まらない。

1573年には朝倉義景を自害に追い込む。

朝倉景鏡にも裏切られている程である。

そして浅井家の武将・阿閉貞征が内応したところに付け込んで小谷城を攻める。

8月28日に浅井久政(当時隠居)が自害して、9月1日に浅井長政も自害する。

長男の万福丸は磔にされる。

信長の妹お市の方とその娘茶々、初、江は落城前に逃げ出していたため助かった。

信長も妹たちの脱出を喜んだという。

スポンサードリンク

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

一番の悩み・長島一向一揆を鎮圧

 

1574年、長島の一向一揆鎮圧に成功した。

ただ、織田側の有力武将が3名ほど、討ち取られている。

この原因は九鬼嘉隆らが海を遮った為、毛利家などからの兵糧補給などが途絶えたためとされている。

一方・武田信玄には三方ヶ原でさんざんに・・・

一方、武田信玄の侵攻はどうすることもできなかったようだ。

徳川軍&織田軍対武田軍という戦いになったが、武田の騎馬隊が素晴らしかったようである。

武田信玄に惨敗した。

しかし、武田信玄の病死によりリベンジを果たすのである。

長篠の戦いで武田勝頼に挑んだ!

1575年、長篠の戦いで武田勝頼に挑んだ。

織田・徳川連合軍は大量の鉄砲を用意した。

それを3回に分けて撃つ戦法が見事大当たりし、武田の騎馬隊を撃破したのである。

1回は失敗しても2回は失敗しないのが信長の強みでもある。

スポンサードリンク

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣) 【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

中国地方攻め

時は進み、1582年、秀吉による中国地方攻めを始めさせた。これの援軍として明智光秀を行かせていきました。しかしこれが後に信長の身を危うくすることになるのです。

本能寺の変

事件が起きたのは6月1日夜。明智光秀の2万の大軍が信長のいた本能寺を襲った。

最初は信長も槍を持って応戦したが、敵わぬと察すると6月2日、未明、自ら寺に火をかけて一緒にいた森蘭丸らと共に自害した。

数え年49歳だった。