とある将棋対局の解説

みなさん、こんにちは。

今回はとある方との将棋の対局をご紹介します。

私の後手番です。

【図1】

少し見えずらいかもしれませんが、先手2六歩、後手8四歩・・・と飛車先の歩を突きあった局面です。

ここでは先に仕掛けた方が負けるようです。

何とも不思議ですが、先手2四歩、後手同歩、先手同飛となったところで後手は8六歩、先手同歩で後手は8七歩という手があり逆転してしまいます。

ここは要注意です。

【図2】

 

初段位の方ですとパッと見てわかるかもしれませんが、この形は実は金と銀が逆です。

金と銀が逆であれば銀冠という囲いができます。

さらにこの形は2筋の歩がおらず、上からの攻めに弱い形です。

基本的に銀が前で金が後ろというのが鉄則になるかと思います。

 

スポンサードリンク




【図3】

この図は終盤です。

手前側(私)の番です。

ここでは挟撃態勢を取りたいところです。

どんどん逃げられるとエンドレスになってしまいます。

ここで次の一手(私が指した一手)を皆さんもお考え下さい。

 

答え:2八銀

 

挟み撃ちにしたかったので、逃げ道をふさぐ一手を指しました。

この手が一番良かったかどうかは分かりませんが、まあまあ良かったと思います。

【図4】

かなり見えずらい図になってしまい申し訳ありません。

詰将棋にしようと思ったのですが、よく分からなくなってしまいました。

解答を先に申し上げますと、5七香成、同銀、5八金打、同金、同馬までの5手詰めですが、駒は余るし撮影はできてないしでめちゃくちゃでした。。。

 

 

 

 

とある人と将棋でいい勝負!今回はその対局を解説します。

今回は将棋をとある方としました。

非常にいい勝負でしたのでその盤面の一部をご紹介します。

 

図1 (歩の手筋1)

 

この場面。画面に映ってはいませんが手前側対局者(相手)には歩が2枚あります。

現在奥側対局者(私)が飛車を丸々得しており、優勢です。

でも玉の囲いが薄いのでまだまだ分かりません。

ここで相手は5三馬としましたが、ここは5二歩打とするのが良かったようです。

対して同玉は5三馬で王手竜取りになるので例外。6二玉も同じく5三馬で例外。

同金としたら5三桂成で玉頭を直撃しているので逆転かもしれないというところです。

そして4一玉に対してですが、ここは5三桂不成でかなりキツイ。

壁銀もあるので逆転かも。

このように駒得だけで形勢が決まるものではありません。

(もう少しいい手がありましたらコメント欄にお知らせください)

 

図2(歩の手筋2)

 

ただいま私が5七歩と打ったところです。

この手が実はいい手で、金で取っても銀で取ってもパッとしません。

まず銀で取ると角で玉を取られて即終了。

金で取っても5四角成と銀を取られていまいちです。

 

スポンサードリンク

 

成約1件あたりの報酬1万円越え、アフィリエイトASPのインフォカート