武将列伝:小早川隆景

小早川隆景は毛利元就の三男で、兄に毛利隆元、吉川元春がいる。

のちに竹原小早川家の14代当主となる。

 

小早川隆景は武力、知力ともに揃っている武将であり、優れ者である。

のちに毛利家の一角を担っていくことになるのである。

 

そもそも小早川隆景は生まれた時の名は毛利隆景であった。

兄・吉川元春も、毛利元春であった。

毛利両川体制で父、元就は毛利元春を吉川家の養子に出して毛利元春は吉川元春と改名、毛利隆景は小早川家に養子として出して、小早川隆景になった。

その後は豊臣家に仕える。秀吉からもかなり信頼されていた。

晩年は弟の穂井田元清と、

「どちらが先に死すか」

と語り合ったという。

 

スポンサードリンク