画面上でドラッグすると車が登場!


画面上でドラッグすると・・・

車が登場!

これもunityで作りました。

プログラムを組むのは非常に大変だなと改めて実感した次第です。

 

 

信長の野望烈風伝 城攻略の秘密を大公開!

 

今回は信長の野望烈風伝をプレイしました。

徳川家の続きです。

 

冒頭に月山富田城を攻略。

羽柴秀吉も仕官してきました。

騎馬の突撃で楽に取ることができました。

石山城を攻略する際に少し間違えたかもしれませんが、見事落城させることができました。

ポンポンと落城させる秘密を大公開!

実はPK(パワーアップキッド)でプレイするとエディタという機能が使用できます。

物資などを一定の量増やすことができるのです。

少しインチキ気味ですが、もしよければやってみて下さい。

なお、通常の信長の野望烈風伝ではこの機能は使えません。PKのみです。

 

スポンサードリンク

そしてここからが本題。

動画を最後まで見ていただければ分かるのですが、北条家が攻めてきた際にこちらは城から打って出る策に出ました。

真田幸村と真田信幸の騎馬で打って出たのですが、途中真田信幸が北条氏照にやられてしまいます。

ですが、真田幸村は、

「兄上の借りは返す!」

とばかりに次々と敵軍を撃破。

大将の北条氏照も撃破して勝利しました。

さすがは真田幸村。

 

また、今回誤クリックでセーブデータが増えてしまいまして、どうすればいいのか分からなかったのですが、

セーブデータ名が、.nb8で終わる名前だったことが分かりました。

ですので、「nb8]と検索すれば出てくると思います。

(検索はエクスプローラー画面の右上にあると思います)

 

スポンサードリンク



とある人と将棋でいい勝負!今回はその対局を解説します。

今回は将棋をとある方としました。

非常にいい勝負でしたのでその盤面の一部をご紹介します。

 

図1 (歩の手筋1)

 

この場面。画面に映ってはいませんが手前側対局者(相手)には歩が2枚あります。

現在奥側対局者(私)が飛車を丸々得しており、優勢です。

でも玉の囲いが薄いのでまだまだ分かりません。

ここで相手は5三馬としましたが、ここは5二歩打とするのが良かったようです。

対して同玉は5三馬で王手竜取りになるので例外。6二玉も同じく5三馬で例外。

同金としたら5三桂成で玉頭を直撃しているので逆転かもしれないというところです。

そして4一玉に対してですが、ここは5三桂不成でかなりキツイ。

壁銀もあるので逆転かも。

このように駒得だけで形勢が決まるものではありません。

(もう少しいい手がありましたらコメント欄にお知らせください)

 

図2(歩の手筋2)

 

ただいま私が5七歩と打ったところです。

この手が実はいい手で、金で取っても銀で取ってもパッとしません。

まず銀で取ると角で玉を取られて即終了。

金で取っても5四角成と銀を取られていまいちです。

 

スポンサードリンク

 

成約1件あたりの報酬1万円越え、アフィリエイトASPのインフォカート

岐阜の城からの眺めは最高!岐阜で一日楽しめます!

 

 

八月初旬、岐阜のお城を見に行ってきました。

酷暑の中でしたが、景色、眺めはとても良く、登った甲斐がありました。

織田信長の銅像も間近で見ることができてよかったです。

 

岐阜城の歴史

 

岐阜城は斎藤道三亡き後、子の義龍が急死。斎藤龍興が後を継ぎますが織田信長に敗れて居城を失います。

この時はまだ稲葉山城でした。

織田信長がこの稲葉山城に入った時、僧から天下布武の拠点として岐阜城という名前を提案され、岐阜城になったそうです。

 

スポンサードリンク

 



ずっと見ていると目が回る!?芸術動画

 

今回はずっと見ていると目が回る動画を製作しました。

また、段々と中央に吸い込まれていくような感じです。

我ながら見ると結構面白いです。

 

このような動画はunityというソフトで作ることができます。

今回は動画をタブレットで撮影しました。

 

 

意外と良い!?実況解説なしのプレイ動画

実況なしのプレイ動画はこちら

今回は偶然ですが実況解説の音声無しの動画になりました。
どうやら機械のバグだったようです。

ですが意外とうるさくなくてこっちの方がいい!という方もいらっしゃるかもしれませんね。(笑)

  内容

冒頭は野戦を仕掛けました。数で上回る野戦で見事勝利。

そして本城の富山城を攻略しました。

今回の富山城は結構防御度が高く、なかなか門が開かない状態でした。

このゲームは門を開けてどんどん攻めていくので、門が開かないと話になりません。

守備側は門が開くまでにどれだけ相手を攻撃できるかがポイントになります。

 

門が開き、小笠原貞慶の突撃が素晴らしかったです。

騎馬突撃はある意味抽選で威力が決まるので、ランダムです。

 

そして、そこそこ強い来島隊を撃退しました。

これは野戦です。

陣形を組んで徳川家康の采配が上回りました。

 

ここで事件!

いきなり吉田政重隊に攻撃されました。

でもここは冷静に一旦退いてから裏から大将狙いで何とかなりました。

 

ここで一つ豆知識

コンピューターは野戦の際にこちらに騎馬隊がいると必ず長槍に持ち替えます。

ですので相手は動きが遅くなります。(長槍は動きが遅い)

 

 

 

囲碁 ルール・始め方

囲碁を始めたいけれどルールが難しくてぜんぜん訳わからない!

という方もかなり多いのではないかと思います。

今回はまずルールから説明していきます。

 

①陣地の多い方が勝ち

まず、黒と白の碁石で陣地を囲むわけですが、陣地の多い方が勝ちです。

 

②縦横囲めば石を取れる

縦横4方向囲めば石を取ることができます。

取った石は蓋などに入れておけばよいでしょう。

 

③すでに四つ囲まれているところに石を置いてはいけない。

自爆行為は反則です。

 

④コウのルール

石を取って取られて・・・永遠に繰り返される場合があります。

igo-

 

この碁盤の右上でコウの状態になっています。

ただいま白が10手目に石を取ったのですが、ここで黒が取り返すとまた白も取り返せてしまいます。

なので黒はこの時点で一回別のところに打ってからここのコウを取ることができます。

igo-kou

これならOKです。黒11手目に左下に打っています。

 

⑤投了

どちらかが勝ち目はないと判断して「負けました」と言って投了することもできます。

一方的な場合はこういうこともあります。

 

⑥死活

どうやっても取れない石は生き、取れる石は死にです。

死んでいる石は盤面から取ります。

取った石は最後に相手に陣地に埋めます。

⑦セキ

どちらから打ってもそれが自爆行為になる場合、セキという形になります。

この場合はどちらの陣地でもありません。

 

このようにかなり複雑ですが覚えてしまえば面白いゲームです。

本当に強い方(プロ)は30手先まで読んでいるとの事なので凄いなぁ。と思う限りです。

簡単な詰碁から

囲碁の練習はいろいろあります。

実戦経験を積むことが最も大事ですが、ここで実践というのは難しいので今回は簡単な詰碁からご紹介します。

3目中で

黒先:白死

 

分かる方は簡単に分かると思います。

ヒントは簡単に2眼を作らせないことです。

といっても、初心者の方はよく分からないかもしれません。

1眼ですと実は取ることができるのです。

このことについては後述。

 

答え

3目氏に

 

これで白を取ることができます。

この後どうやっても白一団を取ることができます。

囲碁は一つ取られてもそれ以上に取り返せばいいゲームなので、腹中の1つを取られても大丈夫です。

 

二眼と一眼

ichigan

 

これは一眼です。隅に黒石を打てば白3つ取ることができます。

ちなみに、石を取ることができる場合は四方囲まれているところに打っても構いません。

nigan

 

これは2眼です。二つの部屋がありますので二眼です。

これはどうやっても取ることができません。

これは神様でも取ることができません。

 

欠け眼

眼っぽいけど眼ではない眼(幻の眼)というのがあります。

こちらが一例

kakeme

これは、隅の一眼は本物ですが、もう一つはよく見ると黒から白石を取ることができます。

コウのような形になっていますが、これはコウではなくて死にです。

これはどうせ白からつないでも隅に黒から打てば全て取れるため、ルール上、死にとなっています。

これが欠け眼です。

 

まずはこの二眼と一眼、そして欠け眼を覚えることで詰碁、死活などの能力が格段に向上します。

鈴木家で全国統一!このように全国統一すればHAPPY!信長の野望烈風伝

鈴木家で全国統一の動画

撮影裏話

実は何回も一旦停止しながらの撮影ですが、なんとか上手くいきました。

その辺りはほっとしています。

鈴木家当主・鈴木佐大夫 列伝

生年不詳。雑賀地方にいた豪族の一つ。

織田信長に対抗して、本願寺家に属した。

本願寺家が滅びると、雑賀城で鈴木家の当主となる。

1585年死去。

最強・鈴木重秀

生没年不詳。鈴木佐大夫の息子と言われる。

この信長の野望烈風伝では戦闘能力が99(最高100)あり、さらに鉄砲を三回撃ってから突撃が可能。(騎馬鉄砲・家宝火縄銃か砲術書を所持)

また、父、佐大夫とともに忍者である。(鈴木重朝も忍者)

鉄砲適正Sと鉄砲を得意とする。

そもそも信長の野望烈風伝とはどういうゲームなのか。

このように思う方は多いと思うので、解説しよう。

信長の野望烈風伝は戦国時代を再現したゲームである。

まず、プレイする大名を選ぶ。

織田家でプレイするということは織田家を頑張って全国統一に導こうというわけだ。

全国統一したら今度は武田家でプレイ・・・

と、毎回味方が変わる事もある。

開発、建設などいろいろあるが、PK(パワーアップキット)の場合はエディタでなぜか城の防御度や物資の量などを変えられる。

ちょっとセコいけど。

本来の戦国時代はもちろんこんなことはできないのである。

そして、いよいよ戦闘。

強い武将で出陣させよう。

城の横四方について、次のターンに攻撃だ!

門をたたいて、いざ、戦闘!

というゲームである。

今回の鈴木家だともちろん最初は小大名なので最初は必死に守っていくしかない。

武将を増やしてから攻めに行かないと大変なことになる。

そして、勢力逆転、全国統一ができるのだ。

さらに、僕は関係ないけれどMVPという企画を行っている。

独自の計算方法で点数が多いものがMVP。

活躍すると点数が上がっていく仕組みである。

こんな感じで信長の野望烈風伝のプレイ動画も投稿しているし、囲碁のプレイ動画も投稿するつもりですのでよろしくお願いいたします。

(最後だけ丁寧語になっておるのう)

 

スポンサードリンク